Windowsパソコンとの戦い!from仙台ブログ内を検索する
Google
 
Web pcnet.seesaa.net

Google パックの特長
・Google が選んだおすすめソフトウェア
・無料。 トライアルでもスパイウェアでもありません
・数回のクリックですぐにご利用いただけます
googlepacks.gif

2005年11月10日

WindowsXPの起動ディスク

 最近、朝も帰りも寒いのでコートを着ています。毎日地下鉄で通勤しているのですが、みなさんは乗り口を変えますか?

 僕は、だいたい3両が目安で、人が一番並んでいないところで待ちます。地下鉄が自分の前を通りすぎたとき、(あぁ、あの車両が一番空いてんじゃん!)とか思いつつ、車両に乗ります。出入り口は混んでいるけど、中は結構スペースがあるんですよね。

 東京で電車通勤していたときはスペースが無かったです(T_T)あれは朝からストレスだろうって思いました。女性は特に大変だと思いましたよ。おっさんの中を突入していくんだから・・・。

 さて、今日は朝からこんな仕事の依頼がありました。

「昨日まで普通に使えていたノートパソコンが今朝、電源を入れたら使えないんです。直りますか?」

 まずは、普通にパソコンの電源をいれてみることにしました。(ポチリ)

 おぉ、WindowsXPの起動ロゴが表示されました。なんだぁ、XPは使えるんだなと思った瞬間、ブルー画面になりました。そして、そのまま勝手に再起動しました。

 どうやらその繰り返しのようです。何度か電源をOFF・ONしてみましたが、同じ結果です。

 では、今回のポイントをまとめてみましょう。

 (1)WindowsXPであることは確認できること
 (2)WindowsXPロゴが表示された後に”ブルー画面”が表示されること
 (3)ブルー画面が表示された後に”自動的に”再起動されること


 次に回復までの手順を説明します。

 僕はブルー画面に表示されているエラーメッセージを確認しようと思いました。しかし、ブルー画面は一瞬しか表示されず、なんとなくしか確認できませんでした。そのなんとなく確認したメッセージは”A problem””Disable””anti-virus”の3単語です。

 これを元にGoogleで検索・・・・、ようやく発見!

A problem has been detected and windows has been shut down to prevent damage to your computer.
If this is the first time you've seen this stop error screen,
restart your computer. If this screen appears again, follow these steps:
Disable or uninstall any anti-virus disk defragmentation or backup untilites and check for any update drivers.
Run CHKDSK /F to check for hard drive corruption and then restart your computer.


 ふむふむ、チェックディスクで調べれば良いんだなということで、CHKDSKコマンド・・と思ったんですが、そもそも勝手に再起動するし、DOSコマンドは打てないし、だめじゃん!!

 そこで、諦めてはいけません。運良くそのノートパソコンにはFDが付いていました。よっし、FDから起動だ!ということを決めて、WindowsXPの起動ディスクを作成することにしました。

 今回は、会社での出来事なのでXPパソコンが複数台あるからすぐにXPの起動ディスクを作成できますが、1台しかない場合は予め作成しておくことが、何かあったときに役に立つと思います。

[Windows XP のインストール用起動ディスクを入手する方法]
マイクロソフトのホームページで簡単にダウンロードできます。

このような感じでHome,Professional,SP1,SP2とバージョン毎に入手できます。
xp-disk.jpg

自分のバージョンのXPをクリックすると、次の画面が表示されますので[ダウンロード]ボタンをクリックして、デスクトップ上に落とします。
xp-disk2.jpg

ダウンロードが完了すると[WinXP_JA_HOM_BF]がデスクトップ上にありますのでクリックします。

黒いDOS画面が自動的に立ち上がり、下記の言葉で待っています。

コピー先のフロッピードライブを指定してください:

フロッピードライブは何も設定を変えなければ”A”が一般的ですから、Aと入力します。
xp-disk3.jpg

あとは、指示どおりにフロッピーディスクをセットしていけば作成できます。全部で6枚必要になります。10分程度あれば、作成できると思います。

作成したFDをノートパソコンに1枚目からセットしていきます。ガリガリ・・・、どうやら立ち上がってきました。

[セットアップの開始] 画面で、F10 キーを押すか、R キー (修復) を押します。

CHKDSK C: /F”と入力しましたが、回復コンソールでは利用できませんでした。
そこで”CHKDSK”とだけ入力しました。やっぱり使えません。

うーむ、悩んだ末、正常に動作するXPから「AUTOCHK.EXE」ファイルをFDにコピーし、そのFDを壊れているノートパソコンにセットして”A:\CHKDSK ”と入力したところ動きました!!

どうやら部分的に壊れているようです。それが原因ということですので、今度は、”CHKDSK C: /R"と入力し、修復することにしました。ちなみに /Rは、不良セクタを見つけ、読み取り可能な情報を回復します。

30分くらいチェックして、自動的に再起動しました。すると、無事にXPが立ち上がってきました(^o^)丿

良かった良かった!!

今回の反省点として、エラーが発生した場合(ブルー画面)勝手に再起動しないように設定しようと思いました。

そこで、マイコンピュータを右クリックしてプロパティを表示し、[起動と回復]の設定を直します。
win1.jpg

真中辺にある「自動的に再起動する」のチェックを外しておきました。
win2.jpg

これで、ブルー画面になったときでも落ち着いてエラーメッセージを読むことができますね。

(参考)WindowsXP以外の起動ディスクを作成するには・・

Windows98/Meの場合、「コントロールパネル」にある「アプリケーションの追加と削除」から作成します。Windows98の場合はFD2枚、Meの場合はFD1枚が必要となります。

Windows 2000の場合、CD-ROMにインストール用起動FDを作成するプログラムが含まれています。bootdiskディレクトリにある”makeboot.exe”を実行します。FD4枚が必要となります。


それでは、おやすみなさいm(__)m

皆さんの力でベスト10入りをお願いします!!
banner_03.gif

posted by たかし at 23:07 | 宮城 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | Windows
この記事へのコメント
初めまして。
今日友人から起動しなくなったPCを預かりまして困っていましたが、検索でこのブログを見つけて参考にさせていただきました。
症状は全く同じですが私にはブルースクリーンの文字なんてとても読むことができませんでしたので、すごいなと感心しました。
チェックディスクに/pと/rをつけてやってみたのですが、終わりそうになると50%まで戻ってしまいエンドレスです。
HDDの寿命の時にはチェックディスクはだめ押しになる、とgoogleで見つかり驚いて途中で終了してしまいました。
明日、友人にだめだったと言って渡そう、と思ったらな・何と起動するようになっています。
一抹の不安はありますがこのまま友人に返します。
ありがとうございました。
おかげさまで大変助かりました。
2007年7月16日write
Posted by fairway at 2007年07月17日 00:21
はじめまして。fairway さん。

コメントありがとうございました。パソコンは色々と使い慣れてきても突然、壊れますね。僕も何度もブルースクリーンと戦っています!

チェックディスクでも回復しない場合は、早めにディスクを交換するのが良いと思います。奇跡的に起動までは戻ったということですので、まずはハードディスクの内容を別のディスクにコピーが良いでしょうね。

少しでもお役に立ててよかったです。今後ともよろしくお願いします(^.^)
Posted by たかし at 2007年07月24日 21:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

Windowsが起動しなくなりました
Excerpt: 1年くらい、少なくとも半年はパソコンのメンテナンスをしてなかったので、ちょいとやってみようかと思い立った。 ウィルスオンラインスキャン → 不要なファイルの削除 → 不要なソフトのアンインストール →..
Weblog: お気楽極楽ブログ
Tracked: 2005-11-11 09:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。