Windowsパソコンとの戦い!from仙台ブログ内を検索する
Google
 
Web pcnet.seesaa.net

Google パックの特長
・Google が選んだおすすめソフトウェア
・無料。 トライアルでもスパイウェアでもありません
・数回のクリックですぐにご利用いただけます
googlepacks.gif

2008年05月05日

dhSQLiteを使う

僕が今回利用することに決めたのは「dhSQLite」です。この時点のバージョンは1.2です。理由はVBAと親和性が高く、コーディング時の違和感が少なかったからです。また、自分のマシン以外での利用も考えるとインストーラを作成してレジストリを操作して、COMを登録してなど色々と面倒なこともあります。しかしながら、このサイトには「DirectCOM」という直接COMを利用できるツールも用意してあるからありがたいです。このDirectCOMを利用することでファイルコピーだけで簡単に他のマシンへ展開できることが分かったことも選択した理由の1つです。

<特徴>
・sqliteのバージョン 3.4.0
・ADOライク
・VB関数がほぼ網羅(IIF,Instr,DateDiff,DatePartなど)
・ユーザ定義関数可能
・FullText-TableScans
・速い(JET<SQLite、ADO<dhSQLite)
・Unicodeサポート
・In-Memory動作可能
・DirectCOM.dllを利用すると簡単に展開可能

まずは、ダウンロードしましょう。
・dhSQLite
downloaddhSQlite.gif

・DirectCOM
DownloadDirectCom.gif

dhSQLite-Demo.zipを解凍してファイルを確認するとサンプルソースとDLLが入っています。必要なファイルは2つだけです。DirectCOM.zipを解凍すると同様にサンプルソースとDLLが入っています。必要なファイルは1つだけです。あとはサンプルソースなので随時、参考にしてコーディングしましょう。

dhSQLiteを利用するために必要なファイル
・dhSQLite.dll
・sqlite3_engine.dll

DirectCOMを利用するために必要なファイル
・DirectCOM.dll

最初は、DirectCOMを利用せずにVBAの参照設定を利用してdhSQLiteを使っていました。自分のマシンでの利用だけでしたら十分です。最終的にDirectCOMを利用して開発しましたので、その手順を記述していきます。

皆さんの力でベスト10入りをお願いします!!
banner_03.gif

posted by たかし at 13:09 | 宮城 🌁 | Comment(0) | SEのお仕事
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。